DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2017_asakawa-17-1.pdf454.63 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 釧路市動物園内に生息する野生哺乳類の寄生虫保有状況
その他のタイトル: A Parasitological Survey of the Wild Mammals Living in the Kushiro Zoo
著者: 佐渡, 晃浩
吉野, 智生
生駒, 忍
藤本, 智
浅川, 満彦
SADO, Akihiro
YOSHINO, Tomoo
IKOMA, Shinobu
FUJIMOT0, Satoshi
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: 寄生虫
動物園
野生哺乳類
parasites
wild mammals
発行日: 2017
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: 2014年から2015年にかけ,釧路市動物園内で生息していた野生哺乳類(アカギツネ,アメリカミンク,アカネズミ,エゾヤチネズミ,オオアシトガリネズミ,ヒメネズミ,ミカドネズミおよびヒメホオヒゲコウモリ)計39個体の寄生虫を検査し,うち35個体から計26種の内外寄生虫が得られた。これらはそれぞれの宿主で既知種であったが,中には多包条虫等,飼育動物の健康管理上または公衆衛生上で重要な種が含まれた。A parasitological survey of 39 individuals of wild mammals (including Vulpes vulpes, Neovison vison, Apodemus speciousus, Myodes rufocanus befordiae, Sorex unguiculatus, Apodemus argenteus, Myodes rutilus mikado and Myotis ikonnikovi) captured and/or collected in Kushiro zoo between 2014 and 2015 was performed. A total of 26 species were detected from 35 hosts, namely Alaria alata, Echinostoma sp., Echinococcus multilocularis, Spirometra erinaceieuropaei, Taenia taeniaeformis, Catenotaenia sp., Soboliphyme abei, Porrocaecum sp., Toxocara canis, Ancylostoma caninum, Syphacia emileromani, S. montana, Heterakis spumosa, Heligmonoides speciosus, Mammanidula hokkaidensis, Heligmosomum yamagutii, Rhabditis orbitalis, Haemaphysalis longicornis, Haemaphysalis spp., Ixodes sp., Laelaps jettmari, Haemogamasus japonicus, Neotrombicula microti, Androlaelaps fahrenholzi and Spinturnix sp.. Because of the high pathogenic agent such as E. multilocularis was detected, an epidemiological comment was given.
URI: http://hdl.handle.net/10659/5307
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/5307

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University