DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-588_asakawa.pdf399.12 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 動物園飼育下オオサンショウウオ(Andrias japonicus)における寄生虫学的調査
その他のタイトル: Parasitological Survey of Breeding Japanese Giant Salamanders (Andrias japonicus) in a Zoological Garden
著者: 田中, 祥菜
田口, 勇輝
野田, 亜矢子
野々上, 範之
浅川, 満彦
TANAKA, Sachina
TAGUCHI, Yuki
NODA, Ayako
NONOUE, Noriyuki
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: オオサンショウウオ
寄生虫
動物園
Andrias japonicas
parasites
zoo
発行日: 2016
出版者: 日本野生動物学会
抄録: 広島市安佐動物公園で飼育繁殖され,死亡後,ホルマリン固定されたオオサンショウウオ(Andrias japonicus)の寄生虫検査を行ったところ,線虫類のSpiroxy.sp.,Kathlaniidae gen.sp., Physalopteroidea fam.gen.sp., Capillariidae gen.Sp.,吸虫類のLiolope copulansが検出された。また,同公園で飼育されていたオオサンショウウオの糞便中から原虫類 Balantidium sp.およびEimeria spp.が見つかった。オオサンショウウオからこれら原虫類が検出されたのは初めてであった。今回検出ざれた寄生虫に関して,飼育オオサンショウウオへの影響について論考した。A parasitological survey of the carcasses and feces of breeding Japanese giant salamanders (Andrias japonicus) kept in Hiroshima City Asa Zoological Park, Japan, was performed. We detected four nematodes, Spiroxys sp., Kathlaniidae gen. sp., Physalopteroidea fam. gen. sp., Capillariidae gen. sp., and; a trematode Liolope copulans; two protozoans, Balantidium sp. and Eirneria spp.. This is the first record of these genera in the Japanese giant salamander. A brief discussion of the health problems and pathology of captive salamanders caused by the parasitic helminths found in this survey is included.
URI: http://hdl.handle.net/10659/4874
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4874

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University