DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-510_asakawa.pdf380.75 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 紀伊半島大台ヶ原のニホンジカ Cervus nippon の日本脳炎ウイルス抗体保有状況
その他のタイトル: Prevalence of Japanese encephalitis virus antibody in sika deer (Cervus nippon) in Odaigahara, Kii Peninsula, Japan
著者: 斉藤, 美加
荒木, 良太
鳥居, 春己
浅川, 満彦
SAITO, Mika
ARAKI, Ryota
TORII, Harumi
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: ニホンジカ
リスク評価
日本脳炎ウイルス
紀伊半島大台ヶ原
sika deer
risk assessment
Japanese encephalitis virus
Odaigahara
発行日: 2015
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: 日本脳炎ウイルス(JEV)感染リスク評価の一環で, 2009年と 2010年に紀伊半島大台ヶ原で捕獲されたニホンジカ Cervus nippon(以下,シカ)の JEV抗体保有状況を調査した。JEV,Oki431S株に対し 87頭中 9頭(10.3%)が,Beijing-1株に対し 1頭( 1.1%)が抗体を保有し,年齢階層が高くなるに従い,抗体保有率の上昇傾向がみられた。これらより,シカに JEVに対する感受性がある事,大台ヶ原で JEV感染環が成立し, JEVの活動は低いが常在している地域である事が強く示唆された。 Sero-epidemiological study of Japanese encephalitis virus was conducted on sika deer (Cervus nippon) captured in Odaigahara, a forested area, on Kii peninsula, Japan, in 2009 and 2010. Nine (10.3%) out of 87 deer had neutralizing antibodies against Japanese encephalitis virus (JEV) Oki431S strain, belonging to genotype 1, a widely circulating genotype in Japan, and one (1.1%) had that against JEV Beijing-1 strain, vaccine strain, genotype 3. Prevalence rates of JEV Oki431S antibody tended to increase with age and reached 20%. This result indicates that deer are sensitive to JEV, and also strongly suggests that Odaigahara is a JEV-endemic area, with rather low virus activity.
URI: http://hdl.handle.net/10659/4777
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4777

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University