DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-494_asakawa.pdf520.75 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 房総半島に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生虫症および感染症に関する予備調査 (Macaca fuscata)の寄生虫症および感染症に関する予備調査
その他のタイトル: A Preliminary Report of Parasitological and Microbiological survey of Freeranging Japanese Macaques (Macaca fuscata (Blyth)) in Boso Peninsula, Japan
著者: 里吉, 亜也子
蒲田, 肇
萩原, 光
谷山, 弘行
吉澤, 和徳
辻, 正義
萩原, 克郎
村松, 康和
浅川, 満彦
SATOYOSHI, Ayako
KABAYA, Hajime
HAGIWARA, Ko
TANIYAMA, Hiroyuki
YOSHIZAWA, Kazunori
TUJI, Masayoshi
HAGIWARA, Kasturo
MURAMATSU, Yasukazu
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: Macaca fuscata
parasites
bacteria
virus
Japan
ニホンザル
寄生虫
細菌
ウイルス
発行日: Sep-2004
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: Because alien macaques (probably, Macaca mulatta) occur in the southern part of the Boso Peninsula, Japan, there is a possibility that their parasites and/or other pathogens may infect Japanese macaques (M.fuscata). To verify the possibility, this study was conducted mainly on parasites that included protozoan, helminth and arthropod, and other pathogens including Rickettsia and the Borna virus of 50 free ranging Japanese macaques in the peninsula. Consequently, 5 arthropod and nematode parasite species common to the Japanese macaque, namely Pedicinus obtusus, P.eurygaster, Streptopharagus pigmentatus, Strongyloides fulleborni, and Trichuris trichiura, were obtained in this survey. It is the first record of sites where Pedicinus spp. are seen in a host species.Coccidia and Babesia sp. were not obtained. Coxciella and the Borna virus from the same host samples will be published elsewhere. 千葉県房総半島にはアカゲザル(Macaca mulatta)と疑われるサル類が生息する。この外来種のサル類の存在により,在来種であるニホンザルへの新たな寄生体感染の危険性も指摘されている。そこで,この基礎情報として当該地域におけるニホンザルの寄生生物の保有状況を把握するため,有害駆除されたニホンザル50個体について,寄生虫(節足動物,蠕虫および原虫)全般および一部ウイルス・細菌の検査を実施した。その結果,Pedicinus obtusus, P.eurygaster, Streptopharagus pigmentatus, Storongyloides fulleborniおよびTrichuris trichiuraの5種の寄生虫が認められた。いずれもニホンザルにおいて既に報告のある種であった。シラミ類Pedicinus属2種の濃厚寄生が認められた個体については,両種の詳細な寄生部位の記録を行なった。今回の調査では,コクシジウム類とBabesia属の寄生は認められなかった。Rickettsia,Coxciellaおよびボルナウイルスの感染状況については,別に報告予定である。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4771
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4771

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University