DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-483_asakawa.pdf361.24 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Fatal Eustrongylidosis in a Young Wild Little Grebe (Tachybaptus ruficollis) from Japan
その他のタイトル: 野生カイツブリ若鳥のEustrongylidosisによる死亡例
著者: MURATA, Koichi
ASAKAWA, Mitsuhiko
NODA, Ayako
YANAI, Tokuma
MASEGI, Toshiaki
村田, 浩一
浅川, 満彦
野田, 亜矢子
柳井, 徳麿
棚木, 利昭
キーワード: Eustrongylides tubifex
little grebe
Nematoda
カイツブリ
線虫
発行日: Sep-1997
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: A young male little grebe (Tachybaptus ruficollis), caught at Kobe in Hyogo Prefecture, Japan in December 1995, died of a severe infection with Eustrongylides tubifex Jagerskiold 1909 (Nematoda:Dioctophymatoidea). Numerous nematodes were found in the lumen of the proventriculus, attaching to the mucosa, and some were penetrating into muscle layer. Histopathologically, severe inflammation was found around the nematodes. E.tubifex may be one of factors contributing to the mortality of wild little grebes. 野生カイツブリ(Tachybaptus ruficollis)一羽が兵庫県下で衰弱のために保護され死亡した。剖検により腺胃漿膜面に付着する多数の線虫(Eustrongylides tubifex)が認められ, 筋層を貫通して内腔に頭部もしくは尾部を露出していた。病理組織学的には線虫が侵入した周囲組織に炎症性細胞浸潤を伴う高度な病変が認められ, 本線虫寄生が野生における死因のひとつになっていると推察された。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4766
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4766

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University