DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-481_asakawa.pdf917.64 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 日本列島に生息する野ネズミ類から検出された寄生線虫の生物地理学
その他のタイトル: Zoogeography on parasitic nematodes of wild murids from Japanese Archipelago
著者: 浅川, 満彦
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: Clethrionomys
Eothenomys Microtus
Apodemus
Heligmosomoides
発行日: Feb-1997
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: As part of a zoogeographical research project, an analysis was made on the parasitic nematode fauna of the Japanese Microtinae and Murinae (Mammalia: Rodentia: Muridae) . A total of 36 nematode species (16 families and 24 genera) were recognized from the host genera Clethrionomys, Eothenomys, Microtus and Apodemus on the Japanese archipelago. Among the parasitic nematodes, the zoogeographical analyses of the nematode genus Heligmosomoides (Heligmosomidae: Strongylida) were made with regard to the speciation and geographical distribution of the nematodes, the fossil records of small mammals and the geological record of the archipelago. 生物地理学的な調査研究の一環として,日本列島産ハタネズミ亜科およびネズミ亜科(齧歯目: ネズミ科)の寄生線虫相をまとめた。これまでに,ヤチネズミ属Clethrionomys,ビロードネズミ属Eothenomys,ハタネズミ属Microtusおよびアカネズミ属Apodemusから記録されている寄生線虫類は16科24属36種であった。これらの内,円虫目ヘリグモソームム科Heligmosomoides属について,線虫類の種分化や地理的分布,宿主である齧歯類の化石の記録,日本列島の地史などを考慮にいれ,その生物地理学的解析を試みた。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4757
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4757

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University