DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-490_asakawa.pdf410.98 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 我が国に定着した2種の外来齧歯類 (タイワンリス Callosciurus erythraeus およびヌートリア Myocastor coypus)の寄生蠕虫類に関する調査
その他のタイトル: A Survey of the Parasitic Helminths of Alien Rodents (Belly-banded squirrel Callosciurus erythraeus and nutria Myocastor coypus) in Japan
著者: 松立, 大史
三好, 康子
田村, 典子
村田, 浩一
丸山, 総一
木村, 順平
野上, 貞雄
前田, 喜四雄
福本, 幸夫
赤迫, 良一
浅川, 満彦
MATSUDATE, Hiroshi
MIYOSHI Yasuko
TAMURA, Noriko
MURATA, Koichi
MARUYAMA, Soichi
KIMURA, Junpei
NOGAMI, Sadao
MAEDA, Kishio
FUKUMOTO, Yukio
AKASAKO, Ryoichi
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: alien mammals
Storongyloides spp.
Brevistriata calloscinrus
Calodium hepaticum
Fasciola sp.
外来齧歯類
発行日: Mar-2003
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: This study was conduced on the parasitic helminths of 42 belly banded squirrels (Callosciurus erythraeus) and 53 nutrias (Myocastor coypus), captured in five prefectures in Japan. Brevistriata calloscinrus and Storongyloides sp. were obtained from the squirrels, and Storongyloides myopotami, Calodium hepaticum and Fasciola sp. were obtained from the nutrias. 国内5郡県で採集されたタイワンリスCallosciurus erythraeus42個体およびヌートリアMyocastor coypus 53固体について内部寄生蠕虫類の調査を行った。これら2種の外来哺乳類における本格的な寄生蠕虫調査は今回が初めてである。その結果,タイワンリスからはBrevistriata callosciuviおよびStorongyloides sp.が,またヌートリアからはStorongyloides myopotami. Calodium hepaticumおよびFasciola sp.がそれぞれ見つかった。Fasciola sp.がヌートリアに寄生していた例は日本において初めての報告である。Fasciola sp.とC.hepaticumは人獣共通寄生虫症の病原体なので留意すべきである。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4754
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4754

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University