DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-493_asakawa.pdf679.53 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: マレーバク(Tapirus indicus)糞便中に認められた虫卵のCOX1およびITS領域塩基配列を指標とした寄生蠕虫類同定の試み
その他のタイトル: Parasite Identification Based on the Sequences of COX1 and ITS Obtained from Fecal Eggs in an Asian Tapir (Tapirus indicus)
著者: 大塚, 浩子
大沼, 学
福本, 真一郎
向井, 猛
白水, 彩
千葉, 司
浅川, 満彦
OTSUKA, Hiroko
ONUMA, Manabu
FUKUMOTO, Shin-ichiro
MUKAI, Takeshi
SHIROZU, Aya
CHIBA, Tsukasa
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: Asian tapir
feces
helminth egg
COX1
ITS
マレーバク
糞便
嬬虫卵
発行日: Mar-2004
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: On November 13, 2000, an Asian tapir (Tapirus indicus) was transferred from the Melaka Zoo in Malaysia to the Sapporo Maruyama Zoo in Japan. During quarantine at the Sapporo Maruyama Zoo, nematode and cestode eggs were observed and disinfestation was conducted using Praziquantel. Segments were found in feces, but it was impossible to identify the cestode species morphologically because all were gravid segments filled with eggs. DNA extraction was conducted from the parasite eggs in the feces and from the segments. Sequences of cytochrome c oxidase subunit 1 (COX1) in mitochondrial DNA and internal transcribed spacer (ITS) were ascertained. The results of a homology search showed that the sequences of ITS obtained from both the parasite eggs and the segments were similar to the sequence of a fungus. Two kinds of COX 1 sequence were obtained from the parasite eggs; one was similar to Ancylostoma, while the other, a sequence that was the same as that obtained from the segments, was related to Paranoplocephala. The results of the present study indicated that species identification might be possible based on sequences obtained from parasite eggs in feces. Furthermore, the method might be useful for diagnosis of parasite infections in wild species with only scarce information about parasitic helminth fauna. マラッカ動物園(マレーシア)より札幌市円山動物園に搬入された一頭のマレーバク(Tapirus indicus)の糞便検査を行ったところ,線虫卵と多数の条虫卵を検出した。プラジクアンテル投与後,糞中より条虫片節が採取されたが老熟片節であった。そこで,糞便中の虫卵および駆虫後排泄された片節からDNAを抽出し,ミトコンドリアのcytochrome c oxidase subunit 1(COX1)遺伝子および核ゲノム中に存在するInternal transcrbed spacer領域(ITS)を対象にPCRを行った。このとき,条虫類と線虫類に共通して使用できるプライマーを用いた。その後PCR産物の塩基配列を決定し,BLASTによるホモロジー検索を行った。その結果,ITS領域用プライマーによって得られた,虫卵および片節由来のPCR産物はすべて真菌類ITSの配列と類似していた。一方,COX1用プライマーによって得られた虫卵由来のPCR産物からは2種類の配列が得られ,一つは裸頭条虫科(Anoplocephalidae)のParanoploaephala属に,もう一つは鈎虫科(Ancylostomidae)のAncylostoma属に近縁の配列であった。このことから本研究において応用された方法は,寄生嬬虫相の情報が少ない野生動物の寄生嬬虫症診断法として有用である可能性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4752
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4752

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University