DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-488_asakawa.pdf495.74 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: New Records of Parasitic Nematodes from Five Species of the Order Anseriformes in Hokkaido, Japan
その他のタイトル: 北海道に飛来した5種のカモ類に認められた寄生線虫
著者: NAKAMURA, Shigeru
ASAKAWA, Mitsuhiko
中村, 茂
浅川, 満彦
キーワード: Anseriformes
Pseudocapillaria mergi
Amidostomum anseris
Tetrameres fissispina
first record
Japan
カモ目
国内初記録
発行日: Mar-2001
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: Seven species of the order Anseriformes (Mergus merganser, Melanitta nigra, Anas platyrhynchos, A. crecca, Aix galericulata, Cygnus bewickii, and C. cygnus), collected in Hokkaido, Japan, were examined helminthologically in order to obtain parasitic nematodes. A total of five nematode species was obtained. These were: Pseudocapillaria mergi (from A. crecca and C. cygnus), Contracaecum sp. (from M. merganser), Amidostomum anseris (from A. platyrhynchos, C. bewickii and C. cygnus), Tetrameres fissispina (from A. platyrhynchos), and Physaloptera sp. (from A. crecca). The records of both P. mergi and A. anseris were the first from Japan, while the records of T. fissispina and Physaloptera sp. involved new hosts. Among these five from Japan, while the records of T. fissispina and Physaloptera sp. involved new hosts. Among these five nematodes, A. anseris seems to be one of the most common occurring among the Anatidae of Hokkaido. カモ目の寄生線虫相を明らかにする目的で,北海道内の野生から採集されたカワアイサMergus merganser,クロガモMelanitta nigra,マガモAnas platyrhynchos,コガモA. crecca,オシドリAix galericulata,コハクチョウCygnus bewickiiおよびオオハクチョウC. cygnusの消化管を検索した。その結果,Pseudocapillaria mergi(宿主:コガモ,オオハクチョウ),Contracaecum sp.(宿主:カワアイサ),Amidostomum anseris(宿主:マガモ,コハクチョウ,オオハクチョウ),Tetrameres fissispina(宿主:マガモ)およびPhysaloptera sp.(宿主:コガモ)の5種の線虫が検出された。P. mergiとA. anserisは日本初記録,T. fissispinaとPhysaloptera sp.はそれぞれの宿主種で初めての記載であった。また,道内で広範に分布すること,および宿主域が広いことから,A. anserisはカモ目に普通の寄生虫であることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4751
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4751

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University