DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-485_asakawa.pdf289.37 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 北海道産アライグマの寄生蠕虫類
その他のタイトル: Parasitic Helminths of Raccons in Hokkaido, Japan
著者: 浅川, 満彦
倉地, 徹
酪農学園大学野生動物生態研究会
ASAKAWA, Mitsuhiko
KURACHI, Tohru
Wildlife Ecological Society
キーワード: Metagonimus takahashii
Procyon lotor
Toxocara tanuki
Euparyphium sp.
Japan
アライグマ
高橋吸虫
狸蛔虫
日本
発行日: Sep-1999
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: An investigation of the parasitic helminths in 61 feral and 7 captive individuals of raccoons, Procyon lotor, colected in Hokkaido, Japan, was done, and Toxocara tanuki(Ascarididae:Nematoda)[Number of raccoons positively infected:1], Metagonimus takahashii(Heterophyidae:Trematoda)[2]and Euparyphium sp.(Echinostomatidae:Trematoda)[7], were obtained from the feral raccoons. This is the first record of these helminth species from this host species. 北海道石狩地方で駆除あるいは殺処分されたアライグマ68頭についてその寄生蠕虫類の調査を実施したところ, 狸蛔虫Toxocara tanuki(検出されたアライグマの個体数1, 以下同様), 高橋吸虫Metagonimus takahashii(2), 棘口吸虫科のEuparyphium sp.(7)が発見された。アライグマからこれらの蠕虫類が検出されたのは初めてである。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4750
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4750

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University