DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-496_asakawa.pdf313.7 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 国内の飼育下ケープハイラックスに認められた寄生蠕虫3種とEimeria属原虫の初記録
その他のタイトル: The Records of 3 Species of Parasitic Helminths and Eimeria (Protozoa: Eimeriidae) Obtained from Captive Cape Hyraxes (Procavia capensis) in Japan
著者: 斉藤, 理恵子
川上, 茂久
浅川, 満彦
SAITOH, Rieko
KAWAKAMI, Shigehisa
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: Grassenema procaviae
Eimeria dendrohyracis
Procavia capensis
発行日: Sep-2004
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: Four internal parasite species, viz. Inermicapsifer hyracis (Cestoda: Anoplocephaliidae), I. cf. beveridgei, Grassenema procaviae (Nematoda: Atractidae) and Eimeria dendrohyracis (Protozoa: Eimeriidae) were detected from captive five Cape hyraxes (Procavia capensis) in Gunma Safari Park, Gunma Pref., Japan. These findings except for that of I. hyracis were first records In Japan. 南アフリカから搬入された5頭のケープハイラックスProcavia capensisから検出された内部寄生虫を検討したところ,Inermicapsifer hyracis, I.cf. beveridgei, Grassenema procaviaeおよびEimeria dendrohyracisが検出された。I.hyracis以外は日本の飼育下ハイラックス類では初めての記録であった。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4749
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4749

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University