DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-489_asakawa.pdf368.35 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 外来種アライグマ(Procyon lotor)からのコクシジウム類Eimeria属およびIsospora属の初確認とトキソプラズマ抗体の保有状況
その他のタイトル: First Records of the Genera Eimeria and Isospora (Protozoa : Eimeriidae) obtained from feral raccoons (Procyon lotor) alien species in Japan and prevalence of serum antibodies to Toxoplasma gondii among the raccoons
著者: 的場, 洋平
淺野, 玄
増渕, 寿子
浅川, 満彦
MATOBA, Yohei
ASANO, Makoto
MASUBUCHI, Hisako
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: Procyon lotor
Eimeria cf. procyonis
Isospora ohioensis
発行日: Mar-2002
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: Coccidian oocysts were obtained from 13 of 260 feral raccoons (Procyon lotor) examined in Hokkadio, Japan. Among them, at least, Eimeria cf. procyonis and Isospora ohioensis were identified. These are first records of the genus Eimeria from feral raccoons alien species in Japan, and of I. ohioensis from the raccoon. Furthermore, prevalence of seropositive reactions to Toxoplasma gondii was studied by latex-agglutination test, and 13.5% to 15.0% of 248 raccoons were positive. The prevalence in Hokkaido is lower than one of North America. 北海道石狩地方で野生化したアライグマ(Procyon lotor)260個体のうち13個体からオーシストが検出され,少なくとも,Eimeria procyonisに近似の種(E. cf. procyonis)とIsospora ohioensisが同定された。日本で野生化したアライグマにおけるEimeria属オーシストの確認はこれが初めてである。また,I. ohioensisのオーシストのアライグマから確認は初報告と考えられる。ラテックス凝集反応によるトキソプラズマToxoplasma gondiiの血清抗体検査により,陽性率13.5%から15.0%を得たが,アライグマの原産地である北米に比べ低めであった。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4748
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4748

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University