DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-495_asakawa.pdf496.57 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 北海道産シマフクロウ(Ketupa blakistoni blakistoni)における住血原虫ヘモプロテウス属の感染状況
その他のタイトル: Epidemiological Survey of Haemoproteus sp. Found Blakiston's Owls (Ketupa blakistoni blakistoni) on Hokkaido Island, Japan
著者: 久田, 裕子
齋藤, 慶輔
浅川, 満彦
HISADA. Yuko
SAITO, Keisuke
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: Blakiston's Owls
Haemoproteus sp.
Hokkaido
Japan
Ketupa blakistoni blakistoni
シマフクロウ
ヘモプロテウス属
北海道
日本
発行日: Sep-2004
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: The incidence and occurrence of haematozoa (Haemoproteus sp.) was assessed from 98 blood slide samples from 70 individual of wild or captive Blakiston's Owls (Ketupa blakistoni) collected in Hokkaido, Japan, from 1994 to 1999. The samples derived from 7 individuals were positive for protozoa. Ages of positive host individuals were 2 months (1 wild), 7 months (1 wild) and over 12 months (5 wild). From the breeding season of the avian species, it is possible that infection of the young occurs in the nest. Because Haemoproteus sp. is occasionally pathogenic in avian young, the present result needs to be noted from conservation and clinical viewpoints. Further, as host-specificity of haematozoa is relatively low among several avian species, a more detail epidemiological survey that includes other owl species in Hokkaido will be needed. 生息数が減少し,絶滅が危惧されている北海道産シマフクロウ(Ketupa blakistoni blakistoni)においてヘモプロテウス(Haemoprotes)属の感染状況を把握し,個体群の保護管理に役立てる目的で,1994年11月から1999年8月までに採取された野生または飼育下の70羽分,計98枚の血液塗末標本から本属原虫の検出を行った。その結果,野生の2ヶ月齢,7ヶ月齢の各1羽および1歳以上の5羽すべてに感染を認め,その赤血球内寄生率はいずれも1%未満と非常に低いものであった。シマフクロウの2ヶ月齢の個体は巣もしくはその周辺に行動圏が限られていること,また7ヶ月齢の個体では親が同時期に感染していたことから,親の行動圏内の極めて狭い範囲で家族内感染などが起こっていることが示唆された。若齢のシロフクロウ(Nyctea scandiaca)において本属原虫症による臨床症状や死亡例の報告があることから,体力や免疫能が十分に発達していない幼鳥においては健康状態を管理していく上で特に注意を要する。本属原虫はフクロウ科において種間感染を起こす可能性があり,本調査地付近のフクロウ(Strix uralensis)において本属原虫の感染率が高いことが飼育個体で確認されていることから,シマフクロウの個体群に及ぼす本属原虫の影響を明らかにするためにも,種の同定やフクロウ科全般を対象にした感染状況調査をシマフクロウ個体群の生息地別に実施することが望まれる。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4733
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4733

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University