DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-486_asakawa.pdf507.94 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 有袋目と貧歯目を中心とするペット用輸入哺乳類の寄生蠕虫類保有状況
その他のタイトル: Prevalence of the Parasitic Helminths in Pet Animals Mainly Belonging to Orders Marsupialia and Edentata
著者: 井手, 百合子
稲葉, 智之
浅川, 満彦
IDE, Yuriko
INABA, Tomoyuki
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: Pet Animals
Marsupialia
Edentata
Parasitic nematodes
ペット用動物
有袋目
貧歯目
寄生線虫類
発行日: Sep-2000
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: The survey of the parasitic helminths has been carried out on the pet animals belonging to orders Marsupialia(Philandar opossum, Trichosurus vulpecula, Dactylopsila trivirgata and Macropus eugenii), Edentata(Tamandua tetradactyla and Euphractus sexcinctus), Rodentia(Spermophilus erythrogenys and S.spilosoma)and Lagomorpha(Ochotona sp.). One acanthocephala, Giganthorhynchus sp.from T.tetradactyla, and 10 nematodes, viz., Filarinema sp.from T.vulpecula, Mackerrastrongylidae gen.sp.and Paraustrostrongylus sp.from D.trivirgata, Delicata sp.from T.tetradactyla, Aspidodera sp., Maciela sp.and Moennigia sp.from E.sexcinctus, larval nematodes Nos.1 and 2 from E.sexcinctus and S.spilosoma, and Murielus sp.from Ochotona sp., were obtained. These are the first records of these helminth species from the pet animals transported into Japan. ペット用に輸入され, 死亡した有袋目のPhilandar opossum, Trichosurus vulpecula, Dactylopsila trivirgataおよびMacropus eugenii, 貧歯目のTamandua tetradactylaとEuphractus sexcinctusのほか, 齧歯目のSpermophilus erythrogenysとS.spilosomaおよび兎目のOchotona sp.について寄生蠕虫類の保有状況を調査した。その結果, T.vulpeculaからFilarinema sp., D.trivirgataからMackerrastrongylidae gen.sp., Paraustrostrongylus sp., T.tetradactylaからGiganthorhynchus sp.とDelicata sp., E.sexcinctusからAspidodera sp., Maciela sp., Moennigia sp.および種不明の幼線虫, S.spilosomaから種不明の幼線虫, Ochotona sp.からMurielus sp.がそれぞれ検出されたが, ほかの動物においては蠕虫類は未検出であった。今回の調査により, ペット用に日本に輸入されたこれらの動物の多くにも, それぞれの原産地で報告のある蠕虫類寄生が確認された。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4721
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4721

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University