DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-482_asakawa.pdf400.44 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Parasitic Helminths from Himalayan Field Mice, Apodemus gurkha and Sikkim Vole, Microtus sikimensis, in the Himalayas, Nepal
その他のタイトル: ネパール・ヒマラヤ地方で採集されたヒマラヤアカネズミ Apodemus gurkaおよびシッキムハタネズミMicrotus sikimensisの内部寄生虫相の検討
著者: ASAKAWA, Mitsuhiko
KOYASU, Kazuhiro
HARADA, Masashi
KRISHNA, Shrestha C.
MEKADA, Kazuyuki
ODA, Sen-ichi
浅川, 満彦
子安, 和弘
原田, 正史
クリシュナ, シュレスタ C.
目加田, 和之
織田, 銑一
キーワード: Apodemus gurkha
Microtus sikimensis
Nepal
parasitic nematodes
ネパール
寄生線虫類
発行日: Sep-1997
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: Although there are many reports on parasitic helminths obtained from the rodents belonging to the Muridae, there has been no report on Apodemus gurkha and Microtus sikimensis. Accordingly, 14 individuals of A. gurkhu and 9 individuals of M. sikimensis collected from Myagdi district of the Himalayas, Nepal, in November of 1994 and March of 1996 were examined parasitologically. Heligmosomoides neopolygyrus, Heligmonoides sp. , Syphacia agraria, Heterakis spumosa, Rictularia cristata and Catenotaenia sp. were obtained from A. gurkha, and Carolinensis minutus, Syphacia montana, Aonchotheca murissylvatici, Trichuris sp., Anoplocephalidae gen. sp. and a metacestode of Taeniidae gen. sp. were obtained from Microtus sikimensis. These species, excluding Heligmonoides sp. which seems to be host specific to A. gurkha and belongs to a new species, are the common species from the genera Apodemus or Microtus in the Eurasian Continent. 野生のネズミ科動物の内部寄生虫については,比較的多くの報告があるが,ヒマラヤ地方に生息するヒマラヤアカネズミApodemus gurkhaおよびシッキムハタネズミMicrotus sikimensisを宿主とする寄生虫の報告は皆無である。そこで,1994年11月および1996年3月,ネパール・ヒマラヤ地方Myagdi districtにおいて採集されたヒマラヤアカネズミ14個体およびシッキムマツネズミ9個体について内部寄生蠕虫類の検査をした。その結果,ヒマラヤアカネズミからはHeligmosomoides neopolygyrus, Heligmonoides sp. , Syphacia agraria, Heterakis spumosa, Rictularia cristataおよびCatenotaenia sp.が,また,シッキムハタネズミからはCarolinensis minutus, Syphacia montana, Aonchotheca murissylvatici, Trichuris sp., Anoplocephalidae gen. sp.およびTaeniidae gen. sp.(嚢尾虫)が検出された。今回検出された寄生虫のうち,Heligmonoides sp. についてはヒマラヤアカネズミに宿主特異的な新種である可能性が高いが,他の種はユーラシア大陸の他地域に産するアカネズミ属あるいはハタネズミ属の寄生虫と共通であることが判明した。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4715
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4715

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University