DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-320_asakawa.pdf641.44 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 酪農学園大学野生動物医学センターWAMCにおける傷病鳥獣救護の記録(2003年度~2010年度)
著者: 吉野, 智生
上村, 純平
渡邉, 秀明
相澤, 空見子
遠藤, 大二
長, 雄一
浅川, 満彦
キーワード: 傷病鳥獣救護
野生動物医学センター
発行日: Apr-2014
出版者: 北海道獣医師会
抄録: 2003年度から2010年度までの間に、酪農学園大学野生動物医学センターWAMC において保護・収容された傷病鳥獣についてまとめた。保護された動物は、鳥類55例および哺乳類12例の計67例であった。それらの動物の放野率は、鳥類では約30%であったが、予後不良個体が主であった哺乳類は0%(ただし、里親に飼育された動物が1例)であった。鳥類の保護要因は、自然的要因が9%、人為的要因が89%、不明が2%であり、全体として最も多かった保護要因は建造物への衝突(43%)で、次いで交通事故(19%)であった。哺乳類はすべて人為的要因により搬入され、その中でも交通事故(50%)および幼獣の誘拐(42%)によるものが多かった。保護個体の数は4~5月、7~8月、および10月に多く、これはヒナの巣立ち時期および渡りの時期に重なっている。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4319
ISSN: 0018-3385
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4319

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University