DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-317_asakawa.pdf474.88 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 北海道日高地方におけるエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の内部寄生虫相および道内エゾシカ寄生日本産肝蛭(Fasciola sp.)の分布域について
著者: 森, 昇子
三觜, 慶
鈴木, 瑞穂
萩原, 克郎
浅川, 満彦
キーワード: 肝蛭
エゾシカ
日高地方
ヒメモノアラガイ
発行日: Feb-2014
出版者: 北海道獣医師会
抄録: 北海道において、エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の個体数は増加の一途をたどっており、その生息域はヒトの生活環境および家畜の飼養領域にまで達している。このため、エゾシカの排泄物を介して家畜やヒトへも肝蛭などの寄生虫感染の波及が懸念される。本研究では、2011年11月から2012年9月において、北海道日高地方で得られたエゾシカの新鮮直腸便437検体について寄生虫検査を行い、内部寄生虫の感染状況を調査した。一般線虫卵の寄生率は95.0%、日本産肝蛭(Fasciola sp.)の寄生率は9.5%であった。今回の調査によりエゾシカにおける肝蛭寄生率は既報の釧路および十勝で報告されている寄生率と比較して低い値であった。この結果は、中間宿主であるヒメモノアラガイの道内分布域と関連性があると考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4301
ISSN: 0018-3385
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4301

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University