DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-305_asakawa.pdf382.1 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: A Helminthological Survey on Tancho, Grus japonensis , in Hokkaido, Japan
その他のタイトル: タンチョウの寄生蠕虫類調査
著者: OSHIMA, Yuko
YOSHINO, Tomoo
MIZUO, Ai
SHIMURA, Ryouji
IIMA, Yuko
UEBAYASHI,Akiko
OSA, Yuichi
ONUMA, Manabu
MURATA, Koichi
ASAKAWA, Mitsuhiko
大島, 由子
吉野, 智生
水尾, 愛
志村, 良治
飯間, 裕子
上林, 亜紀子
長, 雄一
大沼, 学
村田, 浩一
浅川, 満彦
キーワード: Grus japonensis
new geographical record
new host record
parasitic helminths
タンチョウ
新産地記録
新宿主記録
寄生蠕虫類
発行日: Mar-2014
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: A helminthological survey was performed on 75 individuals of Tancho, Grus japonensis, from Hokkaido, Japan. A total of seven helminth species, including five nematode (Baruscapillaira sp., Contracaecum sp., Paracuaria adunca, Syncuaria sp., Viktorocara sp.) and two trematode (Echinostoma gotoi, Apatemon gracilis) species were obtained from 57.3% of the cranes, and E. gotoi was the most common encountered. Among the above helminths, all helminths except for E. gotoi were the first host records for G. japonensis worldwide, and Syncuaria sp. was the first geographical record from Japan. Since the acuariid nematodes including the genera Paracuaria, Syncuaria and Viktorocara are known to cause ulcerative ventriculitis and/or enteritis in bird alimentary tracts, monitoring of helminths is recommended in this endangered crane species. 2000年から2009年の間に北海道内各地で傷病個体として回収された後、斃死したタンチョウ75個体の寄生蠕虫類保有状況を調査した。57.3%から線虫5種(Baruscapillaira sp., Contracaecum sp., Paracuaria adunca, Syncuaria sp., Viktorocara sp.)および吸虫2種(Echinostoma gotoi, Apatemon gracilis)の計7種の蠕虫類のいずれかが検出された。E. gotoiを除く6種はタンチョウから初記録であり,Syncuaria sp.は日本初記録であった。得られた蠕虫類の中にはParacuada属, Syncuaria属およびViktorocara属など,消化管潰瘍や腸炎の原因となる線虫が含まれたため,絶滅危惧種であるタンチョウの保護管理上,今後寄生虫のモニタリングが必要であると考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/10659/4290
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4290

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University