DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-304_asakawa.pdf213.19 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 国内外来種として北海道に定着した アズマヒキガエルBufo japonicus formosus の寄生蠕虫類
その他のタイトル: Parasitic Helminths Obtained from Japanese Common Toads Bufo japonicus formosus Introduced to Hokkaido, Japan
著者: 西川, 清文
森, 昇子
白木, 雪乃
佐藤, 伸高
福井, 大祐
長谷川, 英男
浅川, 満彦
NISHIKAWA, Kiyofumi
MORI, Shoko
SHIRAKI, Yukino
SAT0, Nobutaka
FUKUI, Daisuke
HASEGAWA, Hideo
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: アズマヒキガエル
外来種
寄生蠕虫
Bufojaponicus formosus
alien species
parasitic helminths
発行日: Mar-2014
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: 国内外来種化による寄生虫相の変遷を分析するため,2010年と2011年に旭川市内で捕獲されたアズマヒキガエルBufo japonicus formosusの蠕虫調査をした。その結果このカエルで既報告の3線虫種と1鉤頭虫種が検出ざれた。北海道における当該カエル種の調査はなく,新記録となったが,寄生蠕虫相は本州に生息していた時の状態をほぼ保持したまま定着していたことが判明した。 As a zoogeographical research, an analysis was made on the helminth fauna of Japanese common toads Bufo japonicus formosus introduced to Hokkaido Island in Japan, and 3 nematode and 1 acanthocephalan species were obtained from the toads captured at Asahikawa City between 2010 and 2011. Although these helminth species have been reported from the toads of Honshu, this is the first helminthological record of the toad on Hokkaido.
URI: http://hdl.handle.net/10659/4287
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4287

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University