DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-156_asakawa.pdf2.42 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 最近記録された日本における野生鳥類の感染症あるいはその病原体概要
その他のタイトル: An overview of infectious diseases recorded from wild birds in Japan
著者: 平山, 琢朗
牛山, 喜偉
長, 雄一
浅川, 満彦
Hirayama, Takuro
Ushiyama, Kii
Osa, Yuichi
Asakawa, Mitsuhiko
キーワード: 感染症
対策
病原体
agent
infectious desease
reduce risk
発行日: Aug-2014
出版者: バードリサーチ
抄録: 日本で記録された野鳥の感染症・寄生虫病の病原体を体系的に理解することは、保全施策においても重要なツールの一つである.そこでこの総説では、ウイルス、細菌、真菌および原生生物性の病原体の記録情報についてまとめ、それらによる実際の疾病発生を回避する方策について簡単に論述した. An understanding of the infectious avian disease agents that are present in Japan is an essential tool for conservation. Based on published literature and our own work, this review provides a list and general discussion of the recorded infectious diseases and/or agents (e. g., virus, bacteria, fungi and protozoa) that have affected wild birds in Japan. Potential strategies to reduce risks during outbreaks are briefly outlined and discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10659/4286
ISSN: 1880-1587
著作権等: 本文はBird Researchからの転載である。
© Japan Bird Research Association
著作権リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/birdresearch/10/0/10_V1/_article/-char/ja/
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/4286

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University