DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
4:酪農学園大学紀要 >
2.酪農学園大学紀要. 自然科学編 >
第31巻 第2号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-31-2-189.pdf601.23 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 道央・道南地方における出穂期刈り秋播性ライムギと早生トウモロコシおよびソルガムを組み合わせた超多収飼料作体系
その他のタイトル: High-yielding forage crop rotation combined with early maturity in maize and sorghum cultivars with winter rye harvested at heading stage in central and southern Hokkaido, Japan
著者: 義平, 大樹
中村, 一晴
小阪, 進一
YOSHIHIRA, Taiki
NAKAMURA, Issei
KOSAKA, Shinichi
発行日: Apr-2007
出版者: 酪農学園大学
URI: http://hdl.handle.net/10659/400
ISSN: 0388-001X(print)
出現コレクション:第31巻 第2号

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/400

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University