DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2014-192_taguchi.pdf8.57 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 中小規模黒毛和種牛繁殖農場42戸における重症子牛下痢症の疫学調査
その他のタイトル: Risk Factors for Severe Diarrhea in Japanese Black Calves Raised in 42 Small-to Moderate-sized Farms
著者: 高橋, 史
佐々木, 正
田口, 清
TAKAHASHI, Fumito
SASAKI, Tadashi
TAGUCHI, Kiyoshi
キーワード: 黒毛和種子牛
重症下痢
リスク因子
Japanese Black calves
risk factors
severe diarrhea
発行日: Jan-2013
出版者: 全国農業共済協会
抄録: 黒毛和種牛生産農場42戸で出生し,自然哺乳で哺育されていた511頭の子牛を対象として,生後60日齢以内に発生した全身症状の重度な下痢症(重症下痢)の個体および牛群上のリスク因子をロジスティックモデルによって調べた。273頭が下痢症で治療を受け,そのうち15農場の37頭(13.6%)が重症下痢であった。重症下痢の個体因子は,14日齢以下および便が水様であることで,これらは経過中における重症下痢の早期発見の有用な指標と考えられた。牛群因子は,繁殖母牛を11頭以上飼養する農場および分娩房の設置がないことであった。管内における重症下痢予防には,11頭以上飼養する農場を対象とすることおよび分娩房と隔離房を設置する必要があると考えられた。 Individual and herd-level risk factors for severe diarrhea (diarrhea accompanied by serious systemic symptoms) developed in less than 60 days of age were evaluated in Japanese Black calves in 42 small- to moderate-sized farms from May 2004 to April 2005. A total of 511 calves were involved in this study, among which 273 calves treated for diarrhea were enrolled for statistical analysis using multiple logistic models. Out of 273 calves with diarrhea, 37 calves from 15 farms were affected with severe diarrhea. Age in days (under 14 days old) and characteristics of diarrhea (watery content) were significantly associated with the individual risk of severe diarrhea, which may be useful predictors for the owners. Herd-level risk factors identified were number of dams kept in a farm (more than 10 cows) and absence of the calving pen. Calving and isolation pens were considered to be required for preventing severe diarrhea in those farms.
URI: http://hdl.handle.net/10659/3846
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3846

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University