DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2014-232_asakawa.pdf5.64 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 札幌市円山動物園における寄生原虫類および蠕虫類のモニタリング
著者: 森, 昇子
千葉, 司
菅原, 里沙
浅川, 満彦
キーワード: 動物園
展示動物
寄生虫
糞便検査
発行日: Nov-2013
出版者: 北海道獣医師会
抄録: 2012年6月から2013年6月に札幌市円由動物園において10種5個体7群(12検体)の展示動物を対象に糞便検査を実施し、寄生原虫類および蠕虫類の保有状況を調査した。全12個体・群のうち9個体・群で線虫またはオーシストが検出されたが、全ての動物で条虫卵および吸虫卵は検出されなかった。寄生虫が存在した個体に対して駆虫を実施した後、一時的に虫卵あるいはオーシストは検出されなくなったが、その後の検査で再感染が確認された。このことから飼育環境中に寄生虫卵が常在することが示唆された。動物園における寄生虫症対策として、寄生虫保有状況の基礎データを把握し、個体だけでなく、その飼育環境にも配慮する必要が重要と考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/10659/3834
ISSN: 0446-6454
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3834

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University