DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
1.農食環境学群 >
3.環境共生学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2014-80_igota.pdf2.33 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ニホンジカ(Cervus nippon)における捕獲に伴うストレスの生理学的評価
その他のタイトル: Physiological evaluation of capture stress in sika deer (Cervus nippon)
著者: 山本, さつき
鈴木, 馨
松浦, 友紀子
伊吾田, 宏正
日野, 貴文
高橋, 裕史
東谷, 宗光
池田, 敬
吉田, 剛司
鈴木, 正嗣
梶, 光一
Yamamoto, Satsuki
Suzuki, Kaoru
Matsuura, Yukiko
Igota, Hiromasa
Hino, Takafumi
Takahashi, Hiroshi
Azumaya, Munemitsu
Ikeda, Takashi
Yoshida, Tsuyoshi
Suzuki, Masatsugu
Kaji, Koichi
キーワード: sika deer (Cervus nippon)
capture stress
mental stress
physical stress
animal welfare
発行日: Dec-2013
出版者: 日本哺乳類学会
抄録: 銃器捕殺の勢子による追い込み狙撃法(n=4),大型囲いワナ(銃)(n=6),出会いがしらに狙撃するストーキング(n=9),シャープシューティング(n=14),および麻酔薬を用いた不動化捕獲の移動式囲いワナのアルパインキャプチャー(n=14),大型囲いワナ(麻)(n=8),待ち伏せ狙撃するフリーレンジ(n=10)を用いてニホンジカ(Cervus nippon)を捕獲した.肉体的ストレスの指標として測定したクレアチンキナーゼは,追い込み狙撃法(2,057±1,178IU/L)がシャープシューティング以外の全ての捕獲方法より,また交感神経興奮の影響を反映するアドレナリン,ノルアドレナリンは,追い込み狙撃法(アドレナリン:16.500±4.655ng/ml,ノルアドレナリン:20.375±8.097ng/ml)が他の全ての捕獲方法より有意に高かった(P<0.05).精神的ストレスの指標として測定したコルチゾルは,囲いワナ(アルパインキャプチャー:2.63±1.90μg/dl),大型囲いワナ(銃:1.38±0.50μg/dl)および大型囲いワナ(麻:3.10±1.79μg/dl)が他の捕獲方法より高い傾向が見られたが,これらは全てGaspar-Lópezほか(2010)により報告されたアカシカ(Cervus elaphus)の正常変動範囲内(1.30~6.49μg/dl)であった.以上の結果から,追い込み狙撃法は身体的負荷が大きいこと,囲いワナは他の方法に比較して著しいストレス反応を伴う捕獲方法ではないことが明らかになった.よって,大量捕獲が可能な囲いワナで生息密度を低下させることは,アニマルウェルフェアに配慮した適切な個体数管理の手法になりうると考えられた. We captured sika deer (Cervus nippon) via catch-and-kill methods including driven-deer shooting; large-enclosure traps (S); stalking and shooting; sharp-shooting (SS), and methods for chemical immobilization and euthanasia or release, i.e. mobileenclosure traps (alpine); large-enclosure traps (E); free-range ambush and shooting. Creatine kinase (CK) was measured as a physical stress index, and epinephrine and norepinephrine were measured as indices of stimulation of sympathetic neurons. CK, epinephrine, and norepinephrine were significantly higher when driven-deer shooting than when other methods were used (except in the case of the CK in SS) (P<0.05). Cortisol, which was measured as an index of mental stress, tended to be higher in enclosure traps (alpine and large enclosure traps (S, E)) than with other methods but were within normal limits for red deer (Cervus elaphus) (Gaspar-López et al., 2010). These results suggest that driven-deer shooting subjects them to strong physical stress, and that the mental stress imposed by enclosure traps is not excessive. Thus, reducing deer populations via enclosure traps is a more appropriate initial method of population management in terms of animal welfare considerations.
URI: http://hdl.handle.net/10659/3799
ISSN: 0385-437X
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3799

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University