DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
1.農食環境学群 >
2.食と健康学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2014-368_yamaguchi.pdf14.74 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ダイナミックストレッチングにスタティックストレッチングを組み合わせたプロトコルが膝関節伸展パワーに及ぼす急性の効果
その他のタイトル: Acute effects of dynamic stretching combined with static stretching on leg extension power output
著者: 内海, 景憲
山口, 太一
石井, 好二郎
安田, 和則
Utsumi, Kagenori
Yamaguchi, Taichi
Ishii, Kojiro
Yasuda, Kazunori
キーワード: ウォーミングアップ
ストレッチング
パフォーマンス
パワー
warm-up
stretching
performance
power output
発行日: 2010
出版者: 日本トレーニング科学会
抄録: 本研究の目的はパフォーマンス向上効果が認められているダイナミックストレッチングにパフォーマンス低下の恐れのあるスタティックストレッチングを組み合わせたプロトコルが等負荷性運動時の筋機能に及ぼす効果を明らかにすることであった,大学硬式野球部員13名を対象に以下の前処置を行った後,短縮性等負荷性膝関節伸展パワーを測定した。前処置は1. 膝関節伸筋群の伸張および膝関節伸展を行うダイナミックストレッチングを実施する処置,2. 膝関節伸筋群および膝関節屈筋群の30秒のスタティックストレッチング後に同様のダイナミックストレッチングを実施する処置 3. 順序を入れ替えダイナミックストレッチング後にスタティックストレッチングを実施する処置であった.各処置におけるピークパワーに有意な差は認められなかった.よって,ダイナミックストレッチングに30秒のスタティックストレッチングを組み合わせて実施しても,その順序を入れ替えて実施しても,ダイナミックストレッチングのみ実施する場合と等負荷性運動時の筋機能に及ぼす効果に相違がないことが示された. Previous studies have shown that static stretching acutely decreases muscular performance and that dynamic stretching acutely enhances muscular performance. The studies that investigated the acute effects of dynamic stretching combined with static stretching on muscular performance were limited, and the results were not consistent. Moreover, the acute effect of stretching order on muscular performance has not been revealed. Therefore, the purpose of this study was to clarify the acute effects of dynamic stretching combined with static stretching on muscular performance during concentric dynamic constant external resistance (DCER, formally called isotonic) muscle action, and to examine the differences in the acute effect of stretching order. Thirteen university baseball players measured concentric DCER leg extension power output after 3 types of pretreatment. The pretreatments were a) dynamic stretching (DS) treatment including dynamic stretching of leg extensors and simulating the leg extension motion, b) static stretching and dynamic stretching (SS+DS) treatment including static stretching for 30 seconds in leg extensors and flexors followed by the dynamic stretching, and c) dynamic stretching and static stretching (DS+SS) treatment including the dynamic stretching followed by the static stretching. The power outputs were not significantly different among 3 types of pretreatment (DS: 604.5 ± 112.1 W; SS+DS: 602.6 ± 107.3 W: DS+SS: 598.2 ± 127.0 W). This result suggests that there are no differences in acute effect on concentric DCER leg extension power output among dynamic stretching only, dynamic stretching after static stretching for 30 seconds and static stretching for 30 seconds after dynamic stretching.
URI: http://hdl.handle.net/10659/3794
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3794

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University