DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2014-378_asakawa.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 新潟県佐渡島産タヌキの内部寄生蠕虫相
その他のタイトル: A helminthological survey of raccoon dogs captured in Sado Island, Japan
著者: 的場, 洋平
坂田, 金正
浅川, 満彦
Matoba, Yohei
Sakata, Kinsei
Asakawa, Mitsuhiko
キーワード: Parasitic helminths
raccoon dogs (Nycterreutes procyonoides)
Sado Island
Japan
発行日: 12-Dec-2002
出版者: 日本生物地理学会
抄録: A helminthological survey of raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides) captured in Sado Island, Japan was conducted in 2001. Eight species of helminths were detected in 35 raccoon dogs autopsied, including five nematode species, namely, Toxocara tanuki, Ancylostoma kushinnaense, Arthrostoma miyazakiense, Dirofilaria innnitis, Molineus sp.; two trematode species, namely, Metagonimus sp. and Echinostoma sp.; and one cestode species, Spirometra erinaceieuropaei. Seven out of eight species detected are important to public health because of their infectiveness to humans.
URI: http://hdl.handle.net/10659/3760
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3760

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University