DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
3:Research of One Health >
ROH 2014/March >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
3 ROH Murase 2014 All.pdf897.93 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: An ectoparasite and epizoite from a western gray whale (Eschrichtius robustus) stranded on Tomakomai, Hokkaido, Japan
その他のタイトル: 北海道苫小牧市の海岸でストランドしたコククジラ(Eschrichtius robustus)の外部寄生虫と着生生物について
著者: Murase, Mayumi
Tajima, Yuko
Okamoto, Minoru
Matsuishi, Takashi
Yamada, Tadasu K.
Asakawa, M
村瀬, 真弓
田島, 木綿子
岡本, 実
松石, 隆
山田, 格
浅川, 満彦
キーワード: health
ectoparasite
epizoite
western gray whale
stranding
発行日: Mar-2014
出版者: 酪農学園大学
抄録: Postmortem examination was performed on a female western gray whale (Eschrichtius robustus) stranded at Tomakomai-shi, Hokkaido, Japan in August, 2007, and amphipod whale lice (Cyamus scammoni) and cirripedian epizoites (Cryptolepas rachianecti) were obtained. The histopathological investigation of the epizoites was given. 2007年8月、北海道苫小牧市の海岸でストランド(座礁)したコククジラ(Eschrichtius robustus) 雌1個体の外部寄生虫クジラジラミ類(Cyamus scammoni)と着生生物フジツボ類(Cryptolepas rachianecti)について、日本では千葉に続き二例目の記録をした。また、C. rachianectiの着生部位における組織病理学的検索も実施した。
URI: http://hdl.handle.net/10659/3734
出現コレクション:ROH 2014/March

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3734

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University