DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-507_asakawa.pdf418.83 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Duplex Real-time PCR Assay for the Detection of Two Intestinal Parasites, Heterakis isolonche and Glaphyrostomum sp., in Okinawa Rail (Gallirallus okinawae)
その他のタイトル: ヤンバルクイナ(Gallirallus okinawae)の消化管内寄生虫2種(Heterakis isoloncheとGlaphyrostomum sp.)を検出するDuplex Real-time PCR Assay
著者: ONUMA, Manabu
ZHAO, Chen
ASAKAWA, Mitsuhiko
NAGAMINE, Takashi
KUWANA, Takashi
大沼, 学
浅川, 満彦
長嶺, 隆
桑名, 貴
キーワード: duplexreal-time PCR
intestinal parasites
Okinawa rail
ヤンバルクイナ
消化管内寄生虫
Duplexreal-time PCR assay
発行日: Mar-2012
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: A duplex real-time polymerase chain reaction (PCR) assay was developed to decrease expended time for diagnosis as well as to improve on the sensitivity and specificity of current molecular diagnostic methods for the detection and differentiation of Heterakis isolonche and Glaphyrostomum sp. in Okinawa rail (Gallirallus okinawae). Novel PCR primers and probes were designed based on cytochrome c oxidase subunit I gene. Our results indicated that the assay could simultaneously detect both species without cross-amplification of Okinawa rail DNA. The assay detected DNA from a single parasite egg for both species and successfully amplified DNA extracted from feces. Thus, this new assay is an useful technique for monitoring the levels of parasite infection in Okinawa rail captive breeding program. ヤンバルクイナ(Gallirallus okinawae)の消化管内寄生虫2種についてDuplex real-time PCR assayを開発した。本法はヤンバルクイナ由来のDNAの影響を受けずに2種を同時に検出できることを確認した。また,寄生虫卵1個分のDNA量も検出でき,糞便にも応用可能であった、,本法はヤンバルクイナ飼育個体群を対象として寄生虫検査を糞便サンプルで実施する場合に特に有用な手法である。
URI: http://hdl.handle.net/10659/3661
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3661

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University