DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-506_asakawa.pdf401.19 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Parasitic Helminths Obtained from the Hazel Grouse, Bonasa bonasia vicinitas Riley, 1915, in Hokkaido and Russia
その他のタイトル: エゾライチョウBonasa bonasia vicinitas Riley,1915から得られた寄生蠕虫類
著者: ITO, Hiroe
YOSHINO, Tomoo
ENDOH, Daiji
FUJIMAKI, Yuzo
NAKAMURA, Shigeru
NAKADA, Tatsuya
OSA, Yuichi
ASAKAWA, Mitsuhiko
伊藤, 寛恵
吉野, 智生
遠藤, 大二
藤巻, 裕蔵
中村, 茂
中田, 達哉
長, 雄一
浅川, 満彦
キーワード: First host record
Hazel Grouse
Parasitic helminths
エゾライチョウ
寄生蠕虫類
新宿主記録
発行日: Mar-2012
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: A helminthological survey performed on 18 individuals of the Hazel Grouse, Bonasa bonasia vicinitas collected between 1995 and 2009 in Hokkaido, Japan and Vestretosovo, Primorskii krai, Russia, and the present survey is first for B. b. vicinitas. Three nematode [Heterakis gallinarum, Aonchotheca (Avesaonchotheca) caudinfiata, Subuluridae gen. sp.] and one trematode (Leucochloridium sp.) species were obtained and identified from 9 individuals examined. Among the above, Subuluridae gen. sp. is the first host record of B. bonasia. Hence, the present result suggested that the grouses were infected by feeding the intermediate hosts (e.g., earthworms, snails) including larvae of the present nematode and trematode species, respectively. 1995年から2009年の間に北海道内およびロシアで採集されたエゾライチョウ18個体の寄生蠕虫類保有状況を調査した。なお,北海道個体群では初めての調査となる。調べた9個体から線虫3種(Heterakis gallinarum, Aonchotheca (Avesaonchotheca) caudinfiata, Subuluridae gen. sp.)および吸虫1種(Leucochloridium sp.)が検出された。スブルラ科線虫の寄生がこの鳥種で認められたのは今回初めてであった。また,検出された線虫類はミミズ類,吸虫類はモノアラガイ類がそれぞれ中間宿主であるため,これらを摂食することで感染したと考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/10659/3607
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3607

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University