DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2013-210_asakawa.pdf666.12 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 北海道に国内外来種として定着したカエル類の寄生蠕虫
その他のタイトル: Parasitic helminths obtained from internal alien anurans on Hokkaido Island, Japan
著者: 西川, 清文
森, 昇子
更科, 美帆
吉田, 剛司
浅川, 満彦
Nishikawa, Kiyofumi
Mori, Shoko
Sarashina, Miho
Yoshida, Tsuyoshi
Asakawa, Mitsuhiko
キーワード: internal alien anurans
parasitic helminths
Hokkaido
Japan
発行日: Dec-2012
出版者: 日本生物地理学会
抄録: The present survey was conducted on parasitic helminths of internal alien anurans belonging to Rana nigromaculata (abbreviated to Rn), Rana porosa porosa (Rp), Rana rugosa and Bufo japonicus formosus (B) on Hokkaido Islands. And, 6 nematode and I acanthocephalan species including Cosmocerca japonica (B), Rhabdias incerta (B), Rhabdias nipponica (Rn), Cosmocercoides pulcer (B), Oswaldocruzia insulae (B), Spiroxys japonica (Rp) and Pseudoacanthocephalus bufonis (B) were obtained. Among them, C. japonica and S. japonica are first local record on Hokkaido, and it is first host record of R. nipponica from R. nigromaculata. Four helminth species from B. japonicus formosus except for C. japonica seem to occur commonly on Hokkaido, because the 4 species have been reported from the toads on the island already. 2011年5月から11月にかけて,北海道空知・石狩地方で次の4種計114個体のカエル類が捕獲された; アズマヒキガエル Bufo japonicus formosus (宿主略号B), ツチガエル Rana rugosa, トウキョウダルマガエル Rana porosa porosa (Rp), トノサマガエル Rana nigromaculata (Rn). その結果, ツチガエル以外の種から次のような線虫6種 Cosmocerca japonica (B), Rhabdias incerta (B), Rhabdias nipponica (Rn), Cosmocercoides pulcer (B), Oswaldocruzia insulae (B), Spiroxys japonica (Rp) および鉤頭虫 Pseudoacanthocephalus bufonis (B) が検出された. C. japonica と S. japonicaは北海道で初記録となった. エゾアカガエルのみで報告されていたR. japonica が, トノサマガエルでも確認されたことから, 北海道内で定着することにより新たに感染した可能性が指摘された. アズマヒキガエルから見出された C. japonica を除く4種は北海道の他地域でも確認されている種であり,これらは既に北海道に広汎に定着したことが示唆された.
URI: http://hdl.handle.net/10659/3484
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3484

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University