DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2013-249_asakawa.pdf2.28 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 大阪・海遊館で飼育展示された海産魚の内部・外部寄生虫
その他のタイトル: Endo- and ecto-parasites obtained from captive marine fishes kept in the Osaka Aquarium Kaiyukan
著者: 竹内, 徳余
伊東, 隆臣
浅川, 満彦
TAKEUCHI, Tokuyo
ITO, Takaomi
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: 水族館
飼育海産魚
大阪・海遊館
寄生虫
aquarium
captive marine fish
Osaka Aquarium Kaiyukan
parasites
発行日: 2013
出版者: 日本獣医寄生虫学会
抄録: 2011年5月から2013年2月まで、大阪・海遊館において飼育・展示中の海産魚類8種(マダラトビエイ Aetobatus narinari、カエルアンコウ Antennarius striatus、ピンクマオマオ Caprodon longimanus、カスリハタ Epinephelus tukula、アカグツ Halieutaea stellata、ヒメアイゴ Siganus virgatus、ショウサイフグ Takifugu snyderi、ウマヅラハギ Thamnaconus modestusi) から次のような寄生虫が得られた。すなわち、Philometridae gen .spp.、Camallanidae gen. sp.、Raphidascaroides sp.、四吻目条虫類、微胞子虫類、Sarcotaces sp.、Limnotrachelobdella okae であった。これら寄生虫の形態と飼育上の問題点について概述する。 Several parasites including Camallanidae gen. spp., Raphidascaroides sp., Philometridae gen. spp., Microsporidia, Sarcotaces sp., Trypanorhyncha fam. gen. spp., and Lamnotrachelobdella okae were obtained from 8 capitve marine fish species including Aetobatus narinari, Antennarius striatus, Caprodon longimanus, Epinephelus tukula, Halieutaea stellata, Siganus virgatus, Takifugu snyderi and Thamnaconus modestus kept in the Osaka Aquarium Kaiyukan, between May 2011 and February 2013. Photographs and brief comments about the parasites are given.
URI: http://hdl.handle.net/10659/3471
ISSN: 1347-961X
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3471

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University