DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-505_asakawa.pdf421.13 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 川崎市夢見ヶ崎動物公園における寄生原虫類および蠕虫類の調査
その他のタイトル: The Parasitological Survey on Animals in Kawasaki Yumemigasaki Zoological Park
著者: 牛込, 直人
吉野, 智生
鈴木, 友
河尻, 睦彦
柾, 一成
遠藤, 大二
浅川, 満彦
USHIGOME, Naoto
YOSHINO, Tomoo
SUZUKI, Yuu
KAWAJIRI, Mutsuhiko
MASAKI, Kazushige
ENDO, Daiji
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: fecal examination
parasites
Yumemigasaki Zoological Park
川崎市夢見ヶ崎動物公園
寄生虫
糞便検査
発行日: Sep-2011
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: The fecal examination was carried out on 53 species of captive animals in Kawasaki Yumemigasaki Zoological Park, Kanagawa Prefecture, Japan, between December 2007 and September 2010. As a result, coccidian oocysts and/or nematode eggs were found from about half of animal species, and several fragments of Trichuris ovis (Trichuridae) were found from its feces of moose Alces alces administered with ivermectin. 2007年12月から2010年9月に川崎市夢見ヶ崎動物公園において53種の展示動物を対象に糞便検査を実施し,寄生原虫類および蠕虫類の保有状況を調査した。糞便検査では約半数の動物種からコクシジウムのオーシストあるいは線虫卵が検出された。また,駆虫薬イベルメクチンを投与したヘラジカ(Alces alces)の糞便から羊鞭虫Trichuris ovisが検出された。
URI: http://hdl.handle.net/10659/3252
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/3252

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University