DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2012-242_asakawa.pdf1.3 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 希釈尿染色液を用いたジアルジア簡易検出法の考察
その他のタイトル: A Study of a Simple Giardia Detection Method Using Diluted Sternheimer-Malbin Stain Solution for Urine Sediment Stain
著者: 池上, 裕
浅川, 満彦
IKEGAMI, Hiroshi
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: giardia cyst
negative stain method
sternheimer-malbin stain solution
zoonosis
ジアルジアシスト
陰性染色法
希釈尿染色液
人獣共通感染症
発行日: Jun-2011
出版者: 動物臨床医学会
抄録: Giardia is a potentially zoonotic parasite; nevertheless tests for detecting Giardia are not commonly performed in small animal clinics, because of difficulty of the fecal test, the need of sufficient skills for the cyst test, and the lack of information about Giardia. Therefore, we contrived a simpler method to detect cysts of Giardia by negative staining with urinary stain solution (Sternheim-Malbin Stain Solution) diluted three times with normal saline. In comparison with enzyme linked immunosolvent assay (ELISA), this simple technique is valuable as a screening test for Giaradia cysts. ジアルジアは,人獣共通感染症としての可能性を持つ病原微生物でありながら小動物臨床の現場では充分に検査が行われてきたとは言い難い。その理由は,検査方法の煩雑さ,検出の難しさ,情報の少なさにある。そこで我々は,生理食塩水で約3倍に希釈した尿染色液を使用した陰性染色による簡便なジアルジアのシスト検出方法を考案した。また酵素抗体法(ELISA)による検査方法との比較を行い,本法がジアルジアシストのスクリーニング検査として優れた方法であることを確認した。
URI: http://hdl.handle.net/10659/2992
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2992

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University