DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
1.農食環境学群 >
1.循環農学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2012-32_yoshihira.pdf865.93 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ダイズ単収の日米地域差の拡大要因に関する作物学的調査 : 視察報告(第2回)米国における圃場・作物管理
その他のタイトル: Field Studies on Factors Causing the Widening Gaps in Soybean Yield between Japan and USA : Field and crop management in USA
著者: 白岩, 立彦
桂, 圭佑
島田, 信二
川崎, 洋平
村田, 資治
本間, 香貴
義平, 大樹
田中, 朋之
田中, 佑
Shiraiwa, Tatsuhiko
Katsura, Keisuke
Shimada, Shinji
Kawasaki, Yohei
Murata, Motoharu
Homma, Koki
Yoshihira, Taiki
Katsube-Tanaka, Tomoyuki
Tanaka Yu
キーワード: 灌漑
作物管理
収量
ダイズ
米国
Crop managemant
Irrigation
Soybean
USA
Yield
発行日: May-2011
出版者: 近畿作物・育種研究会
抄録: ダイズの単収は、日本では低迷しているが、米国では過去数十年着実に増加し日本の1.5倍から2倍に達している。このようなダイズ単収の日米地域差をもたらしてきた要因に関する調査の一環として、2008年、2009年および2010年の夏に5日間~10日間訪米し現地視察を行った。2008年の視察結果から、ダイズの生産・出荷ならびに品種開発の状況、ダイズ生産技術の地域差について概要を報告した(桂ら2009)。本報告では、主に2010年の視察結果から、近年の圃場・作物管理技術の動向について紹介し、圃場・作物管理の面から米国における多収化要因を考察した。
URI: http://hdl.handle.net/10659/2949
ISSN: 1882-885X
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2949

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University