DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2011-207_Taguchi.pdf403.06 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 異なる乳頭管拡張器具が牛の乳頭端内組織に及ぼす影響についての乳頭内視鏡および病理組織学的検索による評価
著者: 佐藤, 薫
田口, 清
キーワード: 牛乳頭
乳頭管拡張器具
乳頭内視鏡
発行日: Nov-2010
出版者: 日本獣医師会
抄録: 蝋製乳頭管拡張器具(器具A),シリコン製導乳管(器具B)および獣腸線製乳頭拡張器具(器具C)を8頭のホルスタイン種非泌乳牛の乳頭に3日間あるいは9日間留置した.さらに4頭の泌乳牛に器具AとBを7日間留置した.非泌乳牛では内視鏡検査を3日ごとに実施した.器具の留置終了時の剖検で乳頭を採取し,病理組織検査を行った.内視鏡検査では器具BとCを留置した乳頭では留置3日後から乳頭管に角質層の餝離や管腔の拡張,フルステンベルグロゼット(FR)の出血と粘膜の粗造化が観察された.病理組織検査ではこれらの部位には粘膜上皮の壊死,白血球浸潤,線維増生があった.いっぽう,器具Aの留置では非泌乳牛および泌乳牛ともにFRに少数のリンパ球が浸潤するだけであった.以上の結果から器具Aが乳頭粘膜に刺激の少ない器具であると考えられた.
URI: http://hdl.handle.net/10659/2875
ISSN: 0446-6454
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2875

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University