DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2011-206_Yamashita.pdf1.58 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 笑気-酸素-セボフルランで全身麻酔した犬における術中リドカイン静脈内持続投与によるセボフルラン要求量の減少効果
著者: 伊丹, 貴晴
山下, 和人
福井, 翔
前原, 誠也
都筑, 圭子
廉澤, 剛
泉澤, 康晴
キーワード: 
術中持続静脈内投与
リドカイン
笑気
セボフルラン
発行日: Apr-2010
出版者: 日本獣医師会
抄録: 犬臨床例52頭の全身麻酔にリドカイン持続静脈内投与(CRI)を応用し,その麻酔要求量減少効果を検討した.麻酔前投薬としてプロピオニールプロマジン0.05mg/kg を静脈内投与(IV)し,カルプロフェン4mg/kgを皮下投与した.プロポフォール6mg/kg IVで麻酔導入し,気管挿管後,50%笑気-50%酸素-セボフルラン吸入麻酔で麻酔維持した.供試犬26頭にリドカイン3mg/kg/時間CRIを投与し(LID-CRI群),残りの26頭には投与しなかった(対照群).外科麻酔の維持に要した終末呼気セボフルラン濃度は,LID-CRI 群1.6%前後および対照群2.1%前後で推移し,LID-CRI群において有意に低かった(P<0.001).麻酔中の呼吸循環系モニタリング項目の変化には,群間に有意な差は認められなかった.以上のことから,術中リドカインCRIによって顕著な呼吸循環抑制を生じることなく,セボフルラン要求量を減少できると結論された.
URI: http://hdl.handle.net/10659/2852
ISSN: 0446-6454
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2852

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University