DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2011-215_Fukumoto.pdf1 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 北海道で初めて検出された猫の東洋眼虫症例
著者: 福本, 真一郎
望月, 里衣子
新垣, 英美
山田, 清太郎
松立, 大史
浅川, 満彦
小谷, 忠生
泉澤, 康晴
山下, 和人
都筑, 圭子
佐々木, 均
キーワード: 東洋眼虫症

初分布報告
人獣共通感染症
発行日: Apr-2010
出版者: 北海道獣医師会
抄録: 2002年12月に江別市内で飼育されていた猫(雑種、雌、受診時推定2歳)の両眼から13匹(雄5、雌8)の線虫が検出された。形態学的診断により東洋眼虫 Thelazia callipaeda Railliet et Henry、1910成熟虫体と同定きれた。東洋眼虫の寄生は人獣を通じて北海道では最初の地理的分布報告である。本例の感染猫は四国と北海道を複数回往復しており、四国で感染し本道で検出されたものと推測された。ペットの人為的な移動が人獣共通寄生虫症を同伴して移動した例として公衆衛生学的危険性を指摘した。
URI: http://hdl.handle.net/10659/2848
ISSN: 0018-3385
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2848

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University