DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
1.農食環境学群 >
1.循環農学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2011-50_Koyama.pdf741.88 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ウシ黄体のステージ別超音波画像の特徴
著者: 岸本, 理美
阿部, 帆波
加藤, 拓也
牧原, 保浩
宮野, 智子
西井, 里衣
山口, 誠司
小山, 久一
堂地, 修
発行日: Aug-2010
出版者: 北海道牛受精卵移植研究会
抄録: 超音波画像診断による黄体ステージの判定精度について検討した。ウシ卵巣30個を用いて、ステージ別黄体の超音波画像の特徴や同一ステージ間で違いがあるか大きさとエコーレベルから検討した。超音波画像診断法により計測した黄体は切開し、ノギスを用いて黄体の長径、短径を計り、実測値とした。測定値は、黄体開花期、黄体初期、黄体退行期の順で大きかった。しかし、黄体初期と黄体退行期では、ほとんど差がみられなかった。また、測定法の違いによる値の差は超音波画像診断法の黄体退行期が最も大きかった。同一ステージ間の差は黄体開花期で少なく、黄体退行期で大きかった。黄体ステージ間のエコーレベルに差が見られ、黄体退行期、黄体初期、黄体開花期の順で高かった。以上のことから超音波画像診断法は黄体観察の精度の高いことが確認された。ステージ別に黄体の大きさとエコーレベルに基準を定めることで、超音波画像診断法による黄体ステージの判断が可能であることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10659/2807
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2807

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University