DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
1.農食環境学群 >
1.循環農学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2011-47_Koyama.pdf538.75 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: カテーテル式移植器を用いた胚移植の受胎率
著者: 阿部, 拓郎
中田, 野恵
竹内, 太一
高橋, 光徳
行田, 祐一
阿部, 帆波
安倍, 詩織
兼松, 舞
神尾, 亮太郎
木村, 草太
御澤, 弘靖
片桐, 成二
高橋, 茂
小山, 久一
堂地, 修
発行日: Aug-2010
出版者: 北海道牛受精卵移植研究会
抄録: 開発されたカテーテル式移植器の受胎率について検討した。供試牛は、本大学附属の元野幌肉牛牧場に繋養されている交雑種(ホルスタイン種×黒毛和種)計15頭を用いた。胚移植は、移植経験のない初心者5名、および熟練者2名で行った。受胎率は、初心者が45% (5/11)、熟練者が83% (10/12) であった。胚移植に要した平均時間は、初心者が26分間、熟練者が3分間であった。以上よりカテーテル式移植器は、初心者であっても子宮角深部への移植が容易であり、従来の移植器よりも良好な受胎率を得られる可能性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10659/2790
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2790

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University