DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
4:酪農学園大学紀要 >
2.酪農学園大学紀要. 自然科学編 >
第36巻 第1号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-36-1-107.pdf1.66 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 消化液・堆肥・化学肥料の長期連用飼料畑における収量性 : 6ヶ年連用したチモシー主体草地における乾物収量および草種構成の推移
その他のタイトル: Dry matter yield of a forage field receiving long-term applications of anaerobically digested cattle slurry, farmyard manure and chemical fertilizer : Changes in dry matter yield and botanical composition of timothy cutting grassland for six years
著者: 義平, 大樹
小阪, 進一
名久井, 忠
YOSHIHIRA, Taiki
KOSAKA, Shinichi
NAKUI, Tadashi
ヨシヒラ, タイキ
コサカ, シンイチ
ナクイ, タダシ
発行日: Oct-2011
出版者: 酪農学園大学
URI: http://hdl.handle.net/10659/2487
ISSN: 0388-001X
出現コレクション:第36巻 第1号

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2487

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University