DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-499_asakawa.pdf1.25 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Preliminary Research on the Excretion of Urinary 8-Hydroxyguanosine(8-OHdG)as a Marker of Protozoan Parasites Infection in Captive Western
著者: MIZUO, Ai
OHSHIMA, Yuko
IMANISHI, Ryo
KITADA, Yuji
KASAHARA, Michiko
HASHIZAKI, Fumitaka
WADA, Seitaro
MATUNAGA, Masayuki
TAKAI, Susumu
ONUMA, Manabe
ONAGA, Takenori
HAGIWARA, Ktsuro
SANADA, Yoshinori
ASAKAWA, Mitsuhiko
水尾, 愛
大島, 由子
今西, 亮
北田, 祐二
笠原, 道子
橋崎, 文隆
和田, 淸太郎
松永, 雅之
高井, 進
大沼, 学
翁長, 武紀
萩原, 克郎
真田, 良典
浅川, 満彦
キーワード: Western lowland gorillas
oxidative stress
8-OHdG
ニシローランドゴリラ
酸化ストレス
発行日: Mar-2009
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: Urinary 8-liydroxyguanosine (8-OHdG), a common biomarker of oxidative stress, was measured in 9 captive western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla) by EL1SA kit. T1ie data showed that urinary 8-OHdG ranged from 4.3 to 193.1 ng/mg creatinine. An individual range of median value was 6.8-52.4ng/mg creatinine. No statistically significant effect was found for infection of protozoan parasites (Balanitidium coil and Isospora sp.) without any symptoms (> 0.05). 生体内の酸化ストレスを評価する一般的な生体指標である尿中 8-hydroxyguanosine (以下・8-OHdG)量を国内飼育下の9頭のニシローランドゴリラにおいて定量した。検査対象個体に原虫感染が認められたが,臨床症状は観察されなかった。全個体の8-OHdG値 (ng/mg creannine)の範囲は4.3~193.1,各個体の中央値の幅は6.8~52.4であった。原虫陽性と陰性個体との8-OHdG値の比較を行い,有意差は認められなかった(>0.05)。
URI: http://hdl.handle.net/10659/2422
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2422

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University