DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-501_asakawa.pdf669.54 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 野生動物医学教育に関する実態調査報告
その他のタイトル: The Education of Zoo and Wildlife Medicine in Japanese University
著者: 浅川, 満彦
外平, 友佳理
皆川, 智子
野村, 愛
渡邊, 有希子
加藤, 智子
石塚, 真由美
日本野生動物医学会・教育委員会
The Commission of Education Japanese Society of Zoo and Wildlife Medicine
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: 野生動物医学教育
シラバス
アンケート調査
発行日: Mar-2009
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: Recently, we carried out a questionnaire survey on the education of zoo and wildlife medicine in Japanese university. The survey results showed the spectacularly improved lecture on wildlife medicine as compared with a decade ago, however, the practical training has been insufficient or inadequate. Here we released its report to discuss the current state of educational issues for zoo and wildlife medicine. 獣医系大学において,野生動物に関してどのような教育が実施されているのかアンケート調査を実施した。1996年に行われた同様の調査の結果と比較すると,講義については多くの大学で改善が見られている。しかし,実習に関しては,人材や設備の不足から十分な教育が実施されていないことが明らかとなった。一方で,各大学からは,野生動物医学に関して,これ以上の教育体制の改善が望めないとの意見も出された。獣医学における野生動物医学の教育の現状を報告する
URI: http://hdl.handle.net/10659/2406
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2406

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University