DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-613_Endoh.pdf1.19 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 野生鳥類の寄生蠕虫類を対象にした地理情報システム(GIS)を用いた空間疫学的解析の一例
その他のタイトル: Spatial epidemiological analysis using geographical information system of parasitic helminths of wild birds in Hokkaido, Japan
著者: 吉野, 智生
長, 雄一
遠藤, 大二
金子, 正美
高田, 雅之
田村, 豊
大沼, 学
桑名, 貴
浅川, 満彦
Yoshino, Tomoo
Osa, Yuichi
ENDO, Daiji
Kaneko, Masami
Takada, Masayuki
Tamura, Yutaka
Onuma, Manabu
Kuwana, Takashi
Asakawa, Mitsuhiko
キーワード: Spatial epidemiological analysis
parasitic helminths
Anseriformes birds
K function method
Japan
発行日: Dec-2008
出版者: 日本生物地理学会
抄録: Spatial epidemiological analysis of parasitic helminths obtained from Anseriformes birds was conducted by the K function method with 417 individual birds collected in Hokkaido, Japan. All analysis was carried out using spatial analyzing module, S+SpatialStats. Recently, spatial epidemiological analysis of infectious agents has been performed in human medicine, but there had hitherto been no trial in the wildlife medical field. 北海道内のカモ目鳥類417個体の死体から得られた寄生蠕虫類についてK関数法を用い空間疫学的な分析を実施した。特に,本解析では緯度・経度を空間情報としてS+SpatialStatsの関数を用いた。医学領域ではヒトに感染する病原体に関しての試みがあるのみで,野生種を用いた検討は本研究が初めてであることから,今後,保全医学分野での応用が期待される。
URI: http://hdl.handle.net/10659/2317
ISSN: 0067-8716
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2317

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University