DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-770_Asakawa.pdf2.3 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 飼育下鳥類における消化管寄生原虫類の保有状況とその検査・駆虫に関する一試み
その他のタイトル: Epidemiological surveys on gastero-intestinal protozoans in captive birds with case report of clinical examination
著者: 西森(大塚), 永利子
真田, 直子
真田, 靖幸
竹内, 好恵
浅川, 満彦
Nishimori-Ohtsuka, Eriko
SANADA, Naoko
SANADA, Yasuyuki
TAKENOUCHI, Yoshie
ASAKAWA, Mitsuhiko
キーワード: Hexamita sp.
Giardia psittaci
飼育鳥類
日本
captive birds
Japan
発行日: Nov-2009
出版者: 鳥類臨床研究会
抄録: 2000年から2004年の間に、関東地方の動物病院に来院した鳥類124種4768個体を対象に消化管寄生性原虫類を検査した。また、オカメインコ(Nymphicus hollandicus)でヘキサミタ類が高度に検出された新鮮便を対象にPCR法による予備的な検査も行った。その結果、629個体での原虫感染が認められ、確認されたのはHexamita sp.,Giardia psittaci, Trichomonas spp., Isospora sp. であった。Hexamita sp. の寄生率がもっとも高かった。Hexamita sp. 寄生個体にチニダゾール(ハイシジン錠、富士製薬、東京)を投薬し駆虫効果を検討したところ、生後12ヶ月齢以上では無効であった。Epidemiological survey on gastero-intestinal protozoans in 4768 capitve birds of 124 species has been carried out in Kanto District,Japan,from 2000 to 2004.In result,protozan parasites have been obtained from 629 birds,and these parasites were Hexamita sp., Giardia psittaci, Trichomonas spp., Isospora sp. Intensity of Hexamita sp. showed highest of all protozoans.Chinidazol was not effective for over 12 months old cockatiels infected with Hexamita sp.
URI: http://hdl.handle.net/10659/2311
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2311

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University