DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-2015-502_asakawa.pdf266.52 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Serological evidence of coronavirus infection in feral racoons in Hokkaido, Japan
その他のタイトル: 北海道に生息するアライグマにおけるコロナウイルス感染
著者: ISHIHARA, Ryoko
HATAMA, Shinichi
UCHIDA, Ikuo
MATOBA, Yohei
ASAKAWA, Mitsuhiko
KANNO, Toru
石原, 涼子
畠間, 真一
内田, 郁夫
的場, 洋平
浅川, 満彦
菅野, 徹
キーワード: Coronavirus
Raccoon
Serological survey
発行日: Sep-2009
出版者: 日本野生動物医学会
抄録: Coronavirus infections in raccoons in Hokkaido, Japan, were identified by serological analysis of 379 serum samples. In the virus neutralization tests, the antibody for transmissible gastroenteritis virus (TGEV), a group I coronavirus, was detected in 11 (3%) serum samples, which were further tested for canine coronavirus (CCoV), and 5 sera showed positive results. The antibody for bovine coronavirus (BCoV), a group II coronavirus, was not detected in any of the serum samples. These results indicate an infection of group I coronaviruses in the feral raccoons in Hokkaido, Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10659/2298
ISSN: 1342-6133
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2298

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University