DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
1.農食環境学群 >
2.食と健康学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-889_Ishii.pdf589.04 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 血中クルクミノイドのUV検出高速液体クロマトグラフィーによる分離定量法の開発
その他のタイトル: Quantitative analysis of curcuminoids in human plasma by means of HPLC with UV detection
著者: 惠, 淑萍
林, 千登勢
櫻井, 俊宏
神, 繁樹
石井, 智美
村井, 毅
上馬塲, 和夫
小川, 弘子
千葉, 仁志
黒澤, 隆夫
Hui, Shuping
Hayashi, Chitose
Sakurai, Toshihiro
Jin, Shigeki
ISHI, Satomi
Murai, Tsuyoshi
Uebaba, Kazuo
Ogawa, Hiroko
Chiba, Hitoshi
Kurosawa, Takao
キーワード: クルクミノイド
ウコン
ターメリック
HPLC
内部標準物質準法
curcuminoids
turmeric
internal standard
発行日: Jan-2009
出版者: 日本臨床化学研究会
抄録: ウコン(ターメリック)に含まれるポリフェノールであるクルクミノイドのヒトにおける吸収・代謝・動態は不明である。我々は,血中クルクミノイドのUV検出高速液体クロマトグラフィー(HPLC)による定量法を開発し,ターメリック粉3g(クルクミノイド60~90mg含有)を服用した健常成人7名(m:f=-5:2,24±1歳)と市販ウコン錠(90%精製クルクミノイド480mg含有)を服用した健常成人7名(m:f=4:3,22±2歳)の血中抱合型並びに非抱合型のクルクミノイド(非還元型)を本法により測定した。ターメリック粉群では服用1時間後に最大血中濃度が142.9±63.7nmol/lに達した。一方,ウコン錠群では服用8時間に最大血中濃度が26.9±17.7nmol/lとなり,クルクミノイドの精製度が消化管吸収速度に影響する可能性が示唆された。酵素水解反応の結果から,非還元型クルクミノイドは大部分がグルクロン酸抱合体あるいはグルクロン酸と硫酸の二重抱合型として存在し,一部が遊離型として存在することが推測された。今回開発したHPLC法は,ウコン食品の薬理学的研究に有用なツールとなることが期待される。 Curcuminoids are the polyphenols contained in turmeric. They are getting more popular in Japan as an ingredient of health foods. However, little is known about the intestinal absorption, metabolites and pharmacokinetic profiles of orally administered curcuminoids in human. In this report, quantitative analyses of curcuminoids in human plasma after oral administration were done by using HPLC with the aid of synthetic curcuminoid derivatives as an internal standard. For non-reduced forms of curcuminoids, the average recoveries from plasma were 93.1%~114.8%, and the coefficients of variation were less than 16.2%. The enzymatic hydrolysis demonstrated that the non-reduced curcuminoids were glucuronides (50.0%) , glucuronide/ sulfate double conjugates (45.4%) and free (4.6%) at 1 hour after oral ingestion of 4 g turmeric powder. The maximum plasma concentrations of curcuminoids (non-reduced form) in the turmeric powder group (60~90 mg curcuminoids included, n=7) and the turmeric tablet group (90% purified curcuminoids 480 mg included, n=7) were 142.9 + 63.7 nmol/l (mean ± SD) at 1 hour and 26.9 ± 17.7 nmol/l (mean ± SD) at 8 hour, respectively, indicating the different intestinal absorption rates. The present method will serve as a useful analytical tool for pharmacological studies of curcuminoids.
URI: http://hdl.handle.net/10659/2171
ISSN: 0370-5633
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/2171

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University