DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-777_Asakawa.pdf414.38 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 北海道胆振地方にて採集されたカササギPica picaの剖検記録3例とウイルス学的検査
著者: 吉野, 智生
上村, 純平
相澤, 空見子
盛田, 徹
吉田, 順子
前田, 秋彦
浅川, 満彦
発行日: Sep-2009
出版者: 北海道獣医師会
抄録: 北海道胆振地方において採集されたカササギPica picαの剖検記録およびウイルス学的検査について報告した。また、2009年6月にむかわ町にて保護収容された1個体についてはRT-PCR法によるウエストナイルウイルスの遺伝子検出およびウイルス分離を試みた。インフルエンザおよびウエストナイルウイルスの簡易試験は全ての個体で陰性であり、遺伝子検出およびウイルス分離も陰性であった。剖検所見では、2004年に苫小牧市で採集された2個体については頭蓋内出血、喀血、胸腔、気管および肺の血液貯留、左上腕、左横尺骨、右大腿骨および左側胸骨の骨折、胸腔内および肺の血液貯留が認められ、収容状況から建造物への衝突によるものと考えられた。むかわ町にて保護された個体は右肺に出血が認められたが明らかな外傷は認められず、直接的な死因は不明であった。
URI: http://hdl.handle.net/10659/1844
ISSN: 0018-3385
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/1844

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University