DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-774_Asakawa.pdf671 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 帯広市内で発見されたハシブトガラスCorvus macrohynchos白化個体死体のウイルス学的検査および剖検記録
著者: 吉野, 智生
藤本, 智
小林, 伸行
前田, 秋彦
前田, 潤子
大沼, 学
桑名, 貴
村田, 浩一
浅川, 満彦
発行日: Apr-2009
出版者: 北海道獣医師会
抄録: 2007年8月、帯広市内で発見された白化ハシブトガラスCorvus mαcrohynchosの死体に対してインフルエンザウイルスおよびウエストナイル熟ウイルスのキットを用いた簡易試験、RTしPCR法によるウエストナイルウイルス遺伝子検出およびウイルス分離を試みたところ、すべて陰性であった。剖検所見から左側を中心に強い物理的衝撃が加わったことが直接的死因であることが示唆された。しかし、カワウの白化個体で報告されているような健康状態の不良を示す所見は得られなかった。カラス属Corvus白化個体の剖検記録は皆無であり貴重な獣医学的記録となった。
URI: http://hdl.handle.net/10659/1812
ISSN: 0018-3385
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/1812

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University