DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
1.農食環境学群 >
1.循環農学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-820_Yoshihira.pdf918.7 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: オホーツク紋別重粘土におけるライムギの栽培と食品としての用途拡大の試み
著者: 横田, 聡
中司, 啓二
義平, 大樹
木村, 正義
瀧川, 重信
発行日: Jul-2009
出版者: 財団法人 北農会
抄録: 近年需要が高まっているライムギはコムギ栽培が難しい厳しい気候・土壌環境下で生育可能で北海道紋別市の寒冷な重粘土填でも管理を適切に行えば穀実生産が可能であることがわかった。さらに安定的な収量を得るためには冬枯れ・倒伏しづらい短梓品種の開発が望まれる。小麦薄力粉を原料とする食品(菓子等)ではライムギ粉で置き換えられるものがあり,独特の色合いと風味,食感が得られるため今後の利用拡大が期待される。
URI: http://hdl.handle.net/10659/1703
ISSN: 0018-3490
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/1703

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University