DSpace 大学logo  
 

CLOVER-酪農学園大学学術研究コレクション >
1:大学 >
2.獣医学群 >
1.獣医学類 >
学術論文(雑誌) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
S-250_Taguchi.pdf356.57 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 分娩後の股関節上法脱臼に非観血的整復術が奏効した成乳牛の1例
著者: 清水, 大樹
田口, 清
池ノ内, 存
発行日: Nov-2007
出版者: 日本獣医師会
抄録: 成牛の股関節脱臼は,分娩後に発生した症例や発生後12時間を経過した症例では非観血的整復の予後は悪いと報告されているが,分娩2日後に滑走・転倒によって起立不能に陥り,その5日後に股関節後上方脱臼と診断したホルスタイン種搾乳牛(4歳,体重約750kg)に非観血的脱臼整復術を行った結果,脱臼は整復され,順調に生産活動に復した.乳熱や坐骨神経麻痺の臨床症状がなかったことが非観血的整復の成功した理由であると考えられた.In mature cows coxofemoral luxation can usually be diagnosed by physical examination,and attempted treatment by closed reduction in a non-postpartum cow can be performed within 12 hours of luxation .However,a four year old postpartum dairy cow,with a history of downer for five days following a slip and fall in a passage,was diagnosed with caudodorsal coxofemoral luxation and successfully treated by closed reduction.In this case we believe the successful outcome was due to the fact that the cow displayed no clinical signs of milk fever or ischiadic paralysis.
URI: http://hdl.handle.net/10659/1447
ISSN: 0446-6454
出現コレクション:学術論文(雑誌)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10659/1447

 

Copyright © 2008 Rakuno Gakuen University